イメージ画像

紛失や盗難にあった場合

あってはいけないことですが、手形を紛失したり盗難されたりした場合は、第三者に手形割引されたり、悪用されてしまう恐れが出てきます。
そういう場合は決して慌てずに、冷静に対処して悪用や換金を防ぐようにしましょう。

まずは取引先銀行に、紛失したことを届け出て、第三者が換金する前に支払いの停止をしてもらうようにします。
盗難された場合は、速やかに警察に届け出ます。
警察の被害届が必要になる場合がありますので、必ず届け出るようにしましょう。

また盗難された場合、手形割引されてしまう可能性が高いので、信用情報センターに届けを出します。
信用情報センターというのは金融業者で出資している組織で、加入業者に連絡が回ります。

また盗難された可能性がある場合は、手形を無効にするために所轄の裁判所に申し立てをします。

紛失、盗難された場合、面倒な届出や手続きが多く、盗難や紛失に気付かず届出が遅れたりした場合、第三者に換金されてしまう可能性が高くなります。
紛失しないように注意するのが一番ですが、注意していたにもかかわらず盗難に遭ってしまった場合は慌てずに対処するようにしましょう。

裁判所などへの申し立てが必要なので、自分ひとりで行うことは難しくなります。
一人で何とかしようとせず弁護士に相談して行えば良いでしょう。

手形は有価証券で、現金や小切手などと同じように管理は厳重に行う必要がありそうですね。
持ち歩くときも注意して行うようにしなければいけません。

このページの先頭へ