イメージ画像

掛け金を定額

根岸ステークスの馬券の買い方の一つとして、BOX買いという方法があります。

どのようなレースのときにBOX買いで馬券を買うようにすれば良いのかについて考えていきたいと思います。

よくBOX買いで馬券を買って、トリガミになってしまうという人も多いのですが、BOX買いが適しているレースと適していないレースがあります。

トリガミになってしまったり損失が膨れてしまうという人は、適していないレースでBOX買いをしてしまうということが多いですね。

BOX買いは流しなどと比べると確かに的中率は高くなるのですが、購入する点数も増えることになります。

なので、レースが荒れそうなレースまで待つようにしたほうがいいですね。

そもそも明確に軸馬がいるのであればBOX買いにする必要はないでしょう。

反対に軸馬を絞れないような荒れそうなレースでこそ、BOX買いの進化が問われることになるのです。

一番は、上位人気の3頭または4頭くらいでレースが決まりそうなレースだけに絞り込むようにしたほうがいいですね。

レース対象を絞り込んで、待つことが出来るという人が、BOX買いで勝ちやすくなるのです。

またBOX買いで選ぶ馬を絞り込むということも大切ですね。

いくら1番人気が着外になったとしても、上位人気だけで決着の場合は、中穴くらいになるものです。

なので皆さんもご利用になった事があるかと思いますBOXでも対象にする馬を最小限にするようにしたほうが良いのです。

BOXでのオッズを見てみて、オッズが低くてトリガミになりそうなのであれば、あえてそのレースは勝負をしないようにしたほうが良いと思います。

的中することが出来ても、トリガミで赤字になってしまってはあまり意味がないのですから、勝負をしないようにしたほうがいいですね。

果報は寝て待てといいますが、2012京都牝馬ステークス予想の場合、待つようにすれば、お金も使わないのですから、チャンスレースだけに勝負を挑むようにしたほうが断然良いのです。

シルクロードステークスで勝っているという人は、ひたすらチャンスレースだけを待っている人が多いのです。

【PR】ポイント制なし出会い系比較|完全無料・有料一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:副業

このページの先頭へ