イメージ画像

必要なもの

手形割引をするために業者に行く際には、あらかじめ用意をしておくものがいくつかありますので、準備しておくようにしましょう。

法人の場合は、法人の印鑑証明書の原本、代表者の印鑑証明書の原本、商業謄本の原本、それぞれ3ケ月以内のものを一通用意します。
それから法人の実印、代表者の実印、代表者の身分証明書です。
個人の場合は、代表者の印鑑証明書の原本、3ケ月以内のものを一通、代表者の実印、代表者の身分証明書です。

身分証明書は本人が確認できる運転免許証やパスポートですが、期限が切れているものは認められませんので注意しましょう。

手形割引の手順は、業者に連絡して申し込みをして審査を受けるのですが、専門業者の場合だと、審査も簡単ですぐに割引可能かどうかの回答をしてくれるところが多いです。
この時点で、手取り金額がいくらになるのかを聞いて、それで良いのなら業者に行き換金することになります。

換金の際には手数料が必要になるのですが、通常必要な費用は手形取立手数料のみとなります。
調査料や保証料などを請求してくる業者には注意が必要です。

業者に出向いて換金してもらうのが一番早いのですが、どうしても業者まで行けない場合は、郵送で手形を送って、手取り金額を口座に入金してもらうという方法もあります。
ほとんどの手続きをネットで行うことも可能な業者も多いですので、急ぎの場合は、そういう業者を選ぶようにすれば良いですね。
ネットで見積もりが出来るところもありますので便利です。

このページの先頭へ