イメージ画像

手形割引とは何のこと?

手形と言うのは、発行する人(振出人)が受取人に対して一定の期日に支払いをすることを約束する有価証券です。
手形割引と言うのは、支払い前の手形を第三者に裏書譲渡し、利息や手数料を引いた金額で売却することです。
額面よりも金額は減りますが、急に資金が必要になったときなどに、手っ取り早く調達することが出来る方法です。

割引した手形のことを割引手形、依頼した人を割引依頼人、割引した人を割引人と言う風に呼びます。
割引料のよく使われる計算式は、手形額面金額×支払期日までの日数÷365日×手形割引レート(年率%)=手形割引料となります。
手取りの金額は、手形額面金額から割引料と手数料を引いた金額になります。

事業をしていると、突発的に資金が必要なときがあります。
せっかくのチャンスを何とか生かしたいけれど、資金が足りないという場合に手形割引は有効な手段となりますが、どこに手形を持っていくかが問題です。

銀行で住宅ローンシミュレーションも可能ですが、書類の用意や手続きが煩雑で急ぎの場合の資金調達と言う面では難しいものがあります。
また銀行では、一種の借入と言う風に考えられるので、会社や個人の信用が必要となり、その面で銀行では受け付けてもらえないということもあります。
専門商社だと審査も必要なく、早く現金化することが出来て便利です。

専門商社を探す時には、優良な商社を探すようにしなければいけません。
割引料が高額に請求される場合がありますので、そういうところは避けるようにしましょう。

このページの先頭へ